MENU

市販・ドラッグストアで売っている安い育毛シャンプーは危険?!

育毛シャンプーの種類は色々とありますが、その中でも市販・ドラッグストアで売っている育毛シャンプーもあります。価格から見ると比較的安くて挑戦しやすいのですが、高い育毛シャンプーと比べて何が違うんでしょうか?シャンプーを作っている洗浄成分から、市販の育毛シャンプーの真実を紹介していきます。

市販の育毛シャンプーが安い理由は洗浄成分にあり!

市販の育毛シャンプーが安い理由は、ズバリ洗浄成分にあります。市販の安価なシャンプーの多くが、刺激の強い硫酸系の洗浄成分を使っています。シャンプーは洗浄剤なので、そのほとんどは洗浄成分からできています。洗浄成分には大きく分けて「硫酸系」「石鹸系」「アミノ酸系」の3種類があるので、それぞれの価格や効果を表にまとめてみました。

 

育毛シャンプーの洗浄成分一覧

 

価格

洗浄力

頭皮への刺激

硫酸系

安い

強い

強い

石鹸系

安い

弱い

普通

アミノ酸系

高い

普通

弱い

硫酸系洗浄成分は価格が安いが頭皮への刺激が強い!

硫酸系洗浄成分は、市販・ドラッグストアで売られているシャンプーに多く入っている洗浄成分です。価格が安く洗浄力も強いのですが、頭皮への刺激が強いため抜け毛や薄毛を進行させてしまう危険があります。育毛シャンプーには不向きな成分です。

石鹸系は頭皮への刺激が少ないが洗浄力も弱い!

石鹸系の洗浄成分は頭皮への刺激が少ないのですが、洗浄力も弱くなっています。頭皮の汚れが残っているとフケやかゆみの原因になり、育毛にも悪影響があります。こちらも育毛には不向きな成分です。

アミノ酸洗浄成分は頭皮への刺激が少ない優良成分!!

アミノ酸洗浄成分は価格はやや高くなってしまいますが、頭皮への刺激を少なくして汚れを落とすことができます。できるだけ頭皮環境を良い状態に保ちながら皮脂を落としたいので、育毛シャンプーはアミノ酸洗浄成分が入っているものを選ぶのがおすすめです。

高くても低刺激なアミノ酸シャンプーの効果とは?

頭皮への刺激を少なくして髪と頭皮を洗える!

アミノ酸は髪や皮膚と同じ成分でできているため、シャンプーとして洗うときに刺激を少なくして洗うことが可能です。シャンプーの価格は多少高くなってしまいますが、頭皮のことを考えるのであればアミノ酸シャンプーを使うのがおすすめです。

髪と頭皮を保湿し、乾燥によるかゆみ・フケを防ぐ!

アミノ酸洗浄成分には髪と頭皮を保湿する効果もあります。頭皮が乾燥しているとかゆみやフケの原因になりますし、乾燥を防ぐために毛穴から皮脂が過剰に分泌してしまうために頭皮がベタついたりします。アミノ酸シャンプーを使うことで、乾燥を防いで健康な頭皮環境を保つことができます。

アミノ酸洗浄成分を使用した育毛シャンプーランキング

 

チャップアップシャンプーの特徴

チャップアップシャンプーは5種類のアミノ酸洗浄成分を独自配合したオーガニック育毛シャンプーです。独自配合により、アミノ酸洗浄成分の弱点である洗浄力を高め、さらに頭皮への刺激も抑えることができます。アミノ酸洗浄成分を使用している育毛シャンプーを選ぶならチャップアップシャンプーを選べばまず間違いないでしょう。

価格 4,180円
評価 評価5
備考 5種類のアミノ酸洗浄成分・32種類の植物由来成分・ノンシリコン・無添加オーガニック・毛髪診断士&美容師が開発
 
 

プレミアムブラックシャンプーの特徴

プレミアムブラックシャンプーはアミノ酸洗浄成分を使用した育毛シャンプーです。天然のクレイ(泥)を使った真っ黒なテクスチャが特徴で、頭皮の毛穴から皮脂や汚れをしっかりと洗い流してくれる効果があります。頭皮のべたつきが気になる方はプレミアムブラックシャンプーがおすすめです。

価格 5,186円
評価 評価4.5
備考 アミノ酸洗浄成分/石油系界面活性剤不使用/ノンシリコン/防腐剤不使用/着色料不使用
 
 

ウーマシャンプーの特徴

ウーマシャンプーは馬油を配合した育毛シャンプーで、アミノ酸洗浄成分を配合しています。保湿成分・頭皮保護成分を多く配合し、フケやかゆみなどの頭皮環境改善に効果的です。成分の中に若干刺激の強い成分が入っているため、残念ながら3位となっています。

価格 4,320円
評価 評価4
備考 馬油配合/アミノ酸洗浄成分/ノンシリコン/鉱物油・香料・着色料不使用